ブログ > スタッフ愛用商品 > スキンケア > メイクが映える肌。肌が映えるメイク。

メイクが映える肌。肌が映えるメイク。

2012年8月11日

最近のトレンドとも言えますが、
美容によって目指したい「究極」とも言える、
素肌がきれいであることを目指した上での
素肌っぽいメイク。

もともとベースメイクは薄めで、ファンデは
使わない日の方が多いのですが
最近は、さらにポイントメイクも薄めの気分。

基本はこんな⇩アイテムだけで、シンプルにメイクしています。

20120811-171344.jpg

BBクリームみたいに使えるチャコットの酸素入りベース。SPF35で助かります。
つるんとフラットでツヤのある肌に仕上がります。

イプサのクリエイティブコンシーラー
クマとニキビ跡を隠して。

ベースの仕上げのフェイスパウダーは、
今はルナソルとチャコットのミックス。

シャドウハイライトはNARSで、
シャドウはグレーベージュの一色使いが気分。
指でラフにまぶたのキワから二重までぼかします。
以前は必ずつけていた、眉下への明るいシャドウはつけず、
素まぶた感を残すようにしています。

こうすると「グラデーション頑張って作りました!」感がなくなります。笑

NARSのアイテムは、ベースメイクが薄づきなほど映えます。
透明感とツヤのある肌に映えるカラーばかり。
ベースが厚塗りだと、怖い顔になるんです。。

チークはポーラドルフの「ベイビーフェイス」。
色名の通り、ナチュラルに肌に溶け込み、ピュアな頬に。
どんなメイクにも合う大好きなカラーです。

マスカラは、ミフレームのトリートメントマスカラ
汗をかいてもポロポロ落ちてこないし束感が絶妙できれい。

20120811-172119.jpg
アイラインは引かずに、一色アイシャドウと
マスカラをサラッと塗る程度のアイメイクです。

最近は、自分の肌や体調と向き合いコントロールが
出来るようになったので、
生理前のニキビや日焼け後の乾燥も冷静に対応して
跡に残さないようになったり、
食べ物やスキンケアを変えることで
それらを事前に防げるようになりました。

おかげで、睡眠時間は平均5時間くらいなのに
自分史上、今、肌の調子が一番よいです。

何より、ストレスを感じないことが第一ですね。
ストレスは本当に肌に出て悪循環を引き起こすので、
肌の調子が悪くてもストレスを感じないように、
「こんな時もある!」と前向きに対処すべき。

ベースメイクもポイントメイクも、
肌の状態も、心の状態が表れるもの。

いま沢山の化粧品メーカーさんが「すっぴん力」を
高めることを推奨しているとおり、
心を隠すのではなく
心を活かすべき時代なのかなーと思っています。

だから、
心のコントロールと
自分の肌に合ったスキンケアが大事なのでは。

肌とメイクがきれいに映えている女性を目指したいですね。

投稿者:ゆっこんぐ カテゴリー:スキンケア ベースメイク メイクアップ

2017年4月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930